PC

不妊症鍼灸お客さまの声

tel:0166-51-9345

ご結婚10年目の「天使ちゃん」♪

私共「ナチュラリー針灸院 」の診療中、R・Mさんがご夫妻お揃いでお顔を見せてくれました。
「ようやく3カ月になったんですよ。その節は、大変お世話になりました。」と、手には可愛い赤ちゃんが抱かれています。

結婚7年。病院での不妊治療を続けるもどうしても授かることができず、「後悔ないように、できるだけの事はしたい」と、当院での不妊症「こうのとりコース」の鍼灸治療を始め、週に一度、10か月間通い続けた末に、嬉しい知らせを受ける事ができました。

妊娠が判った後も、流産の予防、つわりの治療、お腹が大きくなってからは腰痛と安産に備えた鍼灸治療を妊娠8か月まで続けました。

7月3日、3360g。無事に産まれた「咲七」(えみな)ちゃんは、時折お口をニンマリして、周囲を和ませてくれます。
その名の様に、「 お父さん、お母さんの“笑顔に花が開き”、笑い声がいっぱいです。」
我が子を抱くまでに色々な経験をされ、ご結婚10年目にしてお二人の下にやってきた待望の赤ちゃん♪

「私達も思いはひとしおです。本当に良かったですね。おめでとうございます。♡」

待望の男の子♪誕生!

私共「ナチュラリー針灸院 」不妊症鍼灸「こうのとりコース」にて通院されていたM・Oさんから、可愛い写真付きの嬉しいメールが届きました。

「8月27日に、無事に2890gの元気な男の子が産まれてきてくれました。
結局逆子は治らなかったので、予定帝王切開でしたが予想(2500g以下)を上回る体重で、産むまで何事もなく、その後私も順調に回復し安産でした。
名前は、修吾(しゅうご)にしましたよ。
まだどっちに似ているか謎です。
本当に、先生達には色々な面でお世話になりました。
感謝してます。」

辛い流産も経験し、待ちに待った、O家に舞い降りた天使ちゃんの誕生。
黒目がパッチリ大きくてイケメン君ですよ。
私達も本当にうれしい。おめでとうございます☆。

待望の女の子の誕生♪

私共「ナチュラリー針灸院 」へ、「不妊症の鍼灸治療 」に通院頂いていた、M・Kさんから、嬉しいお知らせメールが届きました。

産婦人科での治療に併せて、鍼灸治療を始め、2か月後にめでたく妊娠が判明。
その時期にお父様のお見舞い看病と忙しい毎日が続き、5ヶ月を過ぎた頃から、妊娠中のトラブルにより入院を余儀なくされる時期もありました。

「ご無沙汰してます。
月曜の夕方から陣痛がきて、逆子が治らないので切ってもらいました。

37週と3日だから早産あつかいにはなるけど、3096gでおっきかっです。
沢山強い点滴二本を、毎日24時間しつづけたのに健康で産まれてきましたよ。
おちついたら ご挨拶状おくります。

NACのみなさんに感謝します。
なまえは「碧月」(みづき)です。
来週、月曜日が退院予定です。
両足がすごいむくんでいて、足先から象みたいにふくらはぎにかけてパンパンです。
早く針をしにいきたいので、外に出て良くなったら治療に行きますね。」

いつも明るく、私達スタッフまで幸せな気分にしてくれ、癒されるMさんの下へ産まれた「碧月」ちゃんはラッキーですね。
優しいご主人と益々素敵な家庭を築いてください。
本当におめでとうございます。
お母さんいなられたMさんと、お逢いできる日を楽しみにしています。

私たちの「大好きなお医者様」がママさんに♪

一週間前、私共「ナチュラリー針灸院 」へ「不妊症の鍼灸治療」にて、通院頂いていたI・Eさんから嬉しいメールが届きました。
忙しいお仕事の合間に、札幌のレディースクリニックへ出かけ、ご主人と協力の下治療を続けてきました。

いつも計画的に物事を進め、優しい笑顔と穏やかな語り口が印象的な素敵な女性です。
「同じ不妊症で悩んでいらっしゃる方々の励みになれば・・・」と話されます。

「ご無沙汰しています。皆様お変わりなくお元気ですか。
月日が経つのは早いですね。最後にNACに行ったのが4月でしたよね。
あれからつわりがひどく、しばらく仕事も休みました。
復職後、元気になったら「安産灸」に行こうと思っていたら忙しくて行けず、仕方がないので産休に入ったら癒されに行こうと思っていたら、産休5日目でスピード出産し、現在に至っています。
毎日があっという間ですね。

11月7日(いいおんなの日)に、3120gの元気な女の子が産まれました。
名前は「沙桜」(さら)と言います。
夫婦2人で親バカ全開な日々を送っています。

本当に先生方にはお世話になりました。
不妊症の鍼灸治療として通院していましたが、心も癒されに通院していました。
また、「ヨガ」や「お茶会」にも参加でき、NACとの出会いの御縁に感謝しています。

また雪が溶け始める春頃には、「沙桜」のお披露目も兼ねて、今度こそ、そちらに遊びに行かせて下さいね。
とりあえずご報告まで。
パソコンから上手くメールが出来ず、携帯からご連絡させて頂きました。
迷惑メール対策にパソコンからの着信は拒否にしているので、何かありましたら○○にご連絡下さいね。
師走で先生方もお忙しいと思いますが、ご自愛なさって年末年始をお過ごし下さいね。」

以前私が、I先生の診察を受け、帰宅するなり
「ちょっとビックリするくらい感じの良い女医さんだったわ!」と、家族に話していたお医者様がIさんだったのですから。
世間は狭いものですね。

ご主人の目じりが下がり、喜こばれている様子が想像できます。
新しいご家族の誕生、本当におめでとうございました。

お母さん思いの「結衣」ちゃん♪

こんにちは~☆」と、Y・Hさんが、4か月半の愛児を抱き、私共「ナチュラリー針灸院 」を訪れてくれました。

「佑衣(ゆい)」ちゃんは、終始ご機嫌。

私達スタッフが顔を近づけると飛び切りの笑顔を見せてくれます。
お家で、朝早く目覚めても、「バブ~」「ブ~ブツ」と独り言葉を発しているそうです。

「手のかからないいい子なんです。先生抱っこしてください。」

待ち望んでいた可愛い赤ちゃんが舞い降りて来てくれて、私達も本当に嬉しい限りです。

当院へ、不妊症の「こうのとりコース」鍼灸治療へ通院され半年後に、待望の妊娠が判明されました。
5月16日に、3254gでHさんご夫妻の下に誕生した「佑衣(ゆい)」ちゃん。

「どうしても、寝不足になっちゃって・・・」と言いつつも、美人ママYさんのお顔は幸せオーラ一杯でした。
楽しいお話の後、自身の誕生日をご家族で祝おうと、お隣のケーキ屋さん「サンミッシェル」さんへと向かいました。

可愛い“ふたごちゃん”の誕生♪

昨日、私共「ナチュラリー針灸院 」へ通院中のNさんが教えてくれました。

「ここNACを紹介してくれたY・Tさんの、赤ちゃんが生まれましたよ。会ってきたらとっても美人な子。退院したその足で、先生方にお見せしたいって言ってたけれど・・・」との嬉しい報告でした。

先程ご本人のYさんから、私達スタッフへ可愛い画像付きのメールが届きました。
思わず、「可愛い~!!」と大きな声を上げてしましました。

退院の日に伺いたいなと思ったんですけど、子ども達腹ヘリになって雨も降ってきて断念しましたぁ。

双子ちゃんの名前は、
《蒼一郎(そういちろう)》と《優生(ゆう)》です。

せっかく双子だから、一文字同じ漢字をいれようかとも、色々考えたんですけど、結局何も関連性の無い名前になっちゃいました。

出産は、22時に破水して、それから陣痛が付いて、お兄ちゃんが23時50分くらいに2700gで生まれて、その後に妹が2600gで24時30分くらいに生まれました。

出血は結構多かったんですけど、スピード出産で安産でしたよ。
生まれるのがこんなに早いと思っていなく、旦那さんが立ち会えなかったんです。
それは残念でした。

落ち着いたら、双子ちゃんの顔を見せに伺いますね。
ちなみに、写真に2人で写ってる右側が妹。
お兄ちゃんは、上の子、芽生が生まれた時より大きかったんです。

可愛い子ども達、3人も授かれたのは、先生方皆様のお陰です。
感謝してもしきれないです。」

「パッチリお目々の、美人さん間違いなしのユウちゃん。男の子らしく、たくましいソウちゃん。
5000g以上、Yさんのお腹に居たのですね。 良く頑張りましたよね。
T家にとって待ちに待った双子の赤ちゃんのご誕生、本当に、おめでとうございました。」

クリクリお目め の男の子♪

私共「ナチュラリー針灸院 」へ、不妊症の鍼灸治療で通院していたTさんが、2か月半になる愛息、心翔(まなと)ちゃんを連れ、ご夫妻でお顔を見せてくれました。

まなと君、ご主人とは初対面です。
誕生を知らせるお写真では、「目のパッチリしているカワイイ男の子だね~☆」との印象を持っていました。

私たちの視線を察し、
Tさんが、「主人にソックリなんですよ!」と仰るように将来イケメンになるのは約束されたようなもの。
「何とも、うらやましい~。」

クリクリとしたまなと君を見つめ、誰ともなく「みんな、待ってたんだよ~」との声が漏れました。

ご夫妻にとって“唯一の花”

私共「ナチュラリー針灸院 」では、今、4月5日に、『AKB45☆』 (明るく・健康に・ベビーを迎えましょう☆)なる企画を考えています。

将来お子さんを望んでいる方、不妊症の治療を進めている方、当院での鍼灸治療を受けている方、不妊治療を経て赤ちゃんを授かった方々にお集まり頂き、ご自身の経験を話しながらほんわかと温かい時間を共に過ごしたいと考えています。

そんな矢先に、本当にタイミング良くMさんが『唯花』(ゆいか)ちゃんを抱きお顔を見せてくれました。
昨年5月生まれ、ご夫妻にとって“唯一の花”のような存在という意味から名付けられた女の子も、8か月になりました。

「あご、口もとは私で、耳、目もとは旦那に似てるとよく言われます。
じいちゃん、ばあちゃんももうメロメロですよ。
この頃ちょっとだけ人見知りが始まちゃって。」と、

Mさんも少しだけスリムになり、お元気そう。
子育てにも慣れ、美人ママに磨きがかかったご様子です。

早速当院での、『AKB45☆』の企画をお話ししてみると、来てくれるとの約束を頂けました。

ご来院時、ご自身のご病気に加え、長い間の苦労と辛い思いにも係らず、いつも淡々として笑顔を絶やさず私達に接してくれていたMさん。
きっと、集まった皆さんの大きな励みになることでしょう。」

不妊症鍼灸に戻る